自宅で簡単「快眠マッサージ」

毎日の生活の中で、不眠気味の人もいることでしょう。不眠でない人には、あまり想像がつかないものですが、本当に辛いものなのです。その人によって、幼少のころから、眠れない体質の人もいるのです。快眠できる人をうらやましく思うこともあるでしょう。

そのような人では、いろいろな工夫をするようにして快眠できるようにしましょう。例えば、夕食の内容や時間帯を気をつけたり、飲み物などでも摂りかたや内容を考えてみたり、また、眠りやすいように軽い運動やストレッチ、入浴などをするのもよい方法です。夕食は寝る3時間以上前に消化のよいものを摂るようにしたり、飲み物ではホットミルクやハーブティで眠りを誘ったり、運動を自宅でするのに、ダンベル体操を取り入れて、身体を疲れさせたり、ストレッチでは血流をよくして身体をリラックスさせたりするのもいいでしょう。

中でも、簡単に自分でできる方法としては、マッサージをしてみるのもいいでしょう。入浴をする時には、手で軽くこするように洗うことによって、体の血行がよくなり、温めの効果が生まれます。そうすることで、疲れている部分の癒すことが出来るのです。

また、足のつぼを押すようにするマッサージもいいでしょう。足の裏には自律神経が多く通っており、そのつぼを押すことで、バランスを調整することができます。どこのつぼが何に効くのかを調べてやってみるといいでしょう。

親指の関節をマッサージしてみると、寝つきがよくなるといわれます。ですから、親指の付け根から先端に揉み解していくと、首のこりや、目の疲れ、睡眠などに効果的なのです。次に指の付け根の膨らんだ部分を揉み解していくと、緊張がほぐれます。 足の裏の真ん中あたりに、湧泉のつぼというものがあり、こちらを押すと自律神経を整えることができます。足の裏が温かくなるくらいまで押してみるといいでしょう。

自宅で一人ではないのであれば、家族の助けを借りてマッサージをしてみるのもいいでしょう。人にやってもらえるマッサージというものは、気持ちがいいだけでなく、精神の安定にも繋がるのです。

簡単に全身を揉み解す方法としては、脚を片方で抑えて片方を揺らしてみたり、腰骨から骨盤あたりを揺らしてみたり、両肩を揺らしてみたり、背中や腰の裏側をゆらしてみたりするのもいいでしょう。これは、あまり強くやるのではなく、適度な力加減でやってみるといいでしょう。

快眠を導くためには、色々な方法があるものです。自宅で簡単にできることを寝る前などに実践しながら、心地よい眠りにつきたいものです。

I inform a person site

Nagoya 38 hotels for repeaters
Choose the best accommodation deal for your trip

名古屋は心療内科へ家族の付き添いも可能
患者様ご本人がご了承いただければ診察も一緒に居ていただけます

オリジナルTシャツをオーダーするなら【エイティズ】
シルクスクリーンと昇華転写で様々なデザインを印刷します


▲ページトップに戻る